静脈内鎮静法|深谷市上野台で歯科をお探しの方はふかや夢デンタルクリニックまで

〒366-0801 埼玉県深谷市上野台335−1

fax.048-594-7406
診療時間
[午 前] 9 : 00~13 : 00
[午 後] 14 : 00~17 : 30
[最終受付] 17 : 00
[休診日] 金曜・日曜・祝日
  • 地図

安心して
治療を終えられる
静脈内鎮静法
※静脈内鎮静法は、自由診療として提供しております※

深谷市上野台・ふかや夢デンタルクリニック
深谷駅すぐにある歯医者 ふかや夢デンタルクリニックでは、安心して治療を受けていただけるよう静脈内鎮静法を提供しております。

静脈内鎮静法は、インプラント手術や親知らずの抜歯など、恐怖心が伴う手術を行う際に最適な方法となります。この方法を用いると、手術中に痛みや不快感を感じることなく、安心して治療を受けられます。

Recommend 静脈内鎮静法をお勧めしたい方々

・歯科治療への恐怖心が強く、症状が悪化する方
・インプラント、歯周病治療、抜歯などの外科手術が必要な方
・治療期間をできるだけ短くしたい方
・吐き気反射が強く、口の中に物が入ると吐いてしまう方

Process 静脈内鎮静法のプロセス

まずは静脈内鎮静法について詳しく説明します。具体的には、静脈に鎮静剤を点滴することが静脈内鎮静法です。複数の鎮静剤を組み合わせて点滴します。初めにリラックス状態になり、約2分後には眠気が強くなります。この段階では、意識がある方もいます。この状態で手術を行うと、痛みがなく、手術中の記憶が残らないことが多いです。

当日おこなう主な流れは以下の通りです。

  1. step 1

    静脈に点滴を行います。

    主に腕の静脈から点滴を始めます。注射痛を軽減するため、非常に細い針を使用します。

  2. step 2

    鎮静剤の投与

    点滴が無事に開始できたら、鎮静剤の投与を始めます。鎮静剤の量は、個々の患者さんに適した量を調整します。

  3. step 3

    必要に応じて局所麻酔を施行

    静脈内鎮静法には麻酔効果がないため、必要に応じて局所麻酔を行い、治療を開始します。
    治療開始後は、血液状態や心拍数などを常に監視し、異常がないか確認します。万一、緊急の事態が発生した場合でも対応できる体制を整えています。

高安全性の精神安定剤を利用した安心治療

精神安定剤と聞くと多くの方が抵抗を感じるかもしれませんが、当院ではその安全性に重きを置いたものを使用しています。静脈内鎮静法は一般的な手法で、多数の患者様に利用されています。強い痛みや吐き気反射を持つ方、また心臓病や高血圧などの疾患をお持ちの方にとっては、心拍や血圧の安定化をもたらし、より安全に治療を行うことができます。

注意点

静脈内鎮静法を行った後は、手術が終了した直後にはめまいや眠気が出ることがあります。安定するまでは、医院でゆっくりと休んだ後、帰宅していただきます。

手術の翌日からは日常生活に影響は出ませんが、手術当日は以下の点を厳守していただきます。

自転車や車の運転は控えてください。
口紅やマニキュアは取り除き、顔色が確認できる状態にしてください。
手術後はその日のうちに帰宅し、安静に過ごしてください。
我々は、安全性と恐怖感の少なさを重視した治療を行っています。気になる方は、ぜひ一度ご来院いただき、相談ください。

ご予約に関する
お問い合わせはこちら
tel.048-577-8248
インプラント治療に関する疑問質問については、LINEにて対応も可能です。
お友達登録の上、トークをお送り下さい。
友だち追加
ページトップへ